第14節 vs鳥栖「終始圧倒するもスコアレスドロー」

13日、浦和レッズは埼玉スタジアムで、明治安田生命J1リーグ 第14節、サガン鳥栖戦に臨んだ。

前節、鹿島アントラーズに0-1の惜敗を喫した後、JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第5節、名古屋グランパス戦では2-0の完封勝利を収めたレッズ。イタリア人指揮官マッシモ フィッカデンティ監督率いる鳥栖をホームに迎えた一戦は、主導権を握って終始相手を圧倒するも、ゴールが奪えずに0-0のドローで終わった。

(元記事: http://bit.ly/2wDNEr3 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 15 =