大槻監督 神戸戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ第7節 vsヴィッセル神戸 試合後のコメント

「この試合に向けて準備してきたものが、前半は守備の面で出ていました。攻撃にはつながりませんでしたが、狙いが出ていたと思います。ただ、攻撃のクオリティーが少し低くてシュートが少なかったところがありました。後半はそれを修正しようと思って臨みましたが、少しうまいリスタートをやられてしまいました。中盤のパワーが足りない時間に点を取られてしまい、僕の手を打つのが遅かったと思っています。ただ、その後に選手たちが顔を上げて前に向かう姿勢を見せてくれました。戦術的にも、武藤をワイドに開かせて幅を使って仕掛けられて非常に良かったと思います」

(元記事: http://bit.ly/2v4DqiJ 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =