第1節 vsFC東京 「2018シーズンの初戦、主導権を握って戦うも引き分けに終わる」

2月24日、浦和レッズは味の素スタジアムで14時3分から、2018シーズン最初の公式戦となった明治安田生命J1リーグ 第1節、FC東京戦を戦った。

新シーズンの始まりを待ちわびた35,951人の観衆が見守る中で行われた開幕戦、レッズは多くの時間帯で主導権を握って試合を進めたものの、1-1の引き分けに終わった。

開幕戦の布陣は4-1-2-3で、GKに西川、DFは右から遠藤、マウリシオ、槙野、宇賀神が並び、アンカーに青木、インサイドハーフに柏木と長澤が入り、FWはマルティノス、興梠、武藤というメンバーで臨んだ。

(元記事: http://bit.ly/2Chd53J 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 2 =