堀監督 鹿島戦試合後会見

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦) vs鹿島アントラーズ 試合後のコメント

「前半後半ともに立ち上がりで失点してしまって難しいゲームになってしまったと思います。2点ビハインドの中でも選手たちはしっかり力を使って追いつくところまで行ってくれましたが、その先のゲームの進め方を含めて、自分の指示の出し方も含めて、力が足りなかったと思います。ただ、最後まで諦めずに攻撃してくれてチャンスも作れたと思います。決めきるところは今後の課題になると思いますし、多くの失点してしまったことに対してもしっかり分析して、今後起こらないように進めていきたいと思います」

(元記事: http://bit.ly/2yeKBkZ 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です