第20節 vs大宮「堀監督の初陣、2度リードするも引き分けに終わる」

5日、19時4分より埼玉スタジアムにて明治安田生命J1リーグ第20節 大宮アルディージャ戦が行われた。

前節の北海道コンサドーレ札幌戦後にミハイロ・ペトロヴィッチ前監督が契約解除となり、新たに就任した堀孝史監督が大宮戦の指揮を取った。レッズの布陣はミシャ時代を踏襲する3-4-2-1で、GKに西川、3バックは右から森脇、遠藤、宇賀神、ダブルボランチに阿部と柏木、右ワイドに関根、左ワイドには4月16日のFC東京戦以来のリーグ戦先発となる菊池が入り、1トップに興梠、2シャドーに武藤とズラタンという構成となった。

(元記事: http://bit.ly/2vrzjfs 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × three =