ミシャ監督 第17節 vsサンフレッチェ広島戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ第17節 vsサンフレッチェ広島 試合後のコメント

「今日の試合は両チームとも置かれている状況が厳しい中での対戦で、両チームにとって非常に厳しい試合でした。前半に2-0でリードして、ハーフタイムには、2点リードしているスコアは危険なスコアなので、最初の15分は特に集中力を高めて臨むように伝えましたが、残念ながら私が言った言葉は、壁に向かって独り言を言っていたような状況になってしまいました。

そういう中で、1失点目、2失点目、2-2に追いつかれた後も難しい展開でしたが3点目もやられてはいけない形で失点してしまいました。ただ、選手たちは2-3でリードされた後、何が何でも勝つという気持ちを前面に出してくれました。そういう中でズラタンがゴールし、4点目の関根のゴールはコメントのしようがないくらいワールドクラスの素晴らしいゴールでした。

3連敗した後の重要なゲームで勝利できたことは良かったですが、決して手放しで喜べるゲームではありませんでした。いくつかの早急に改善しなければいけない点はあると思います」

(元記事: http://bit.ly/2sszdU6 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です