ミシャ監督 J1リーグ第14節 柏レイソル戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ第14節 vs柏レイソル 試合後のコメント

「今日のゲームはテンポの早い、両チームにとってすばらしいゲームでした。前半は、我々のほうにも得点するチャンスが十分にありましたが、試合が拮抗して動く中で、アディショナルタイムに失点してしまう我々にとって痛い流れの前半になりました。

前半は、相手は我々を押し込み、我々はボールを奪って速攻を狙うという戦いでした。後半は逆で、我々が主導権を握って相手を押し込むような戦いをできていました。相手のチャンスは、長いボールをクリスティアーノ選手に入れる形だけだったと思いますし、そういう中で我々は非常にいいチャンスが作れていたと思います。

(元記事: http://bit.ly/2qR3RpB 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です