第12節 vs清水 「点の取り合いとなった試合は引き分けに終わる」

20日、浦和レッズは埼玉スタジアムで、明治安田生命J1リーグ 第12節、清水エスパルス戦に臨んだ。

27度を超える暑さの中、レッズは最後まで力を振り絞って戦ったが、試合は3-3の引き分けに終わり、ホームスタジアムに集まった33,458人の前で勝利を掴むことはできなかった。

ミシャ監督は、前節に続いて宇賀神を3バックの右に据え、両ワイドは右に駒井、左に関根を起用。1トップに興梠、2シャドーに李と武藤という前線の組み合わせとなった。リザーブには、ケガから復帰した梅崎が、今シーズンで初めてリーグのメンバーに名を連ねた。

(元記事: http://bit.ly/2qIxaqW 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − 9 =