第10節 vs鹿島 「相手の守備を打ち破れず、ホーム初黒星を喫する」

5月4日、浦和レッズは埼玉スタジアムで、明治安田生命J1リーグ 第10節、鹿島アントラーズ戦に臨んだ。

今シーズン最多の57,447人が詰めかけたスタジアムで、選手たちは最後まで勝利を目指して戦ったが、前半のビハインドを跳ね返すことができず、0-1で敗れた。

この試合では、柏木と遠藤が負傷で欠場。3バックの中央に那須が入り、ボランチは青木と阿部。前線は、ラファエル シルバの1トップに、興梠と武藤の2シャドーという組み合わせでスタートした。

(元記事: http://bit.ly/2p9wd8D 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です