『東日本大震災の被災地支援活動サッカー教室』開催

26日、社会福祉法人・さいたま市社会福祉協議会が主催する、『東日本大震災の被災地支援活動サッカー教室』が埼玉スタジアムで開催され、浦和レッズハートフルクラブの落合 弘キャプテン、室井市衛・城定信次・石黒琢也・西村卓朗の各コーチが参加した。この催しは、被災地の仮設住宅に居住する被災者を支援するために、子供たちをさいたま市内に招待、サッカー観戦や見学などを行なうという活動の一環。埼玉スタジアム第4グラウンドでは大宮アルディージャのコーチ陣とともにハートフルクラブのコーチ陣が指導にあたった。

(元記事: http://bit.ly/yiWRQo 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + 20 =