ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦 試合後公式会見

ACLグループステージMD5 vsウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 試合後のコメント

【ミシャ監督】
「前半は立ち上がりから、非常にアグレッシブに入れたと思います。前からアグレッシブにプレッシャーをかける中で、相手にゲームを作らせるような展開にほとんどなりませんでした。その中で、3点をリードすることができました。

後半に入って途中から、選手たちは若干飛ばしすぎていたのか、疲れが見え始め、相手チームに危険なシーンを作らせてしまいました。ただ、守備の方は、運動量が落ちる中で、特に中盤のところを相手に使われる展開が続いてしまいました。ただ、ボールを奪ったところでは常に、相手の背後へ非常に危険な攻撃を続けて仕掛けることができたと思っています。その中で、最終的に6-1で勝利できたわけですが、その結果に関しては、すばらしいものだと思います。ただ、いくつかの点に関しては、修正点もあった、そういったゲームだったと思っています」

(元記事: http://bit.ly/2oL6JhB 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × four =