けがから復帰した山田直選手がバーレーン戦に向けた決意を語る「勝利にこだわってやりたい」(エル・ゴラッソ)

23日、山田直輝選手が約2週間ぶりに全体トレーニングに合流しました。直輝選手は指宿キャンプの2日目、10日の午前練習中に右でん部を負傷。検査の結果、右中でん筋損傷で全治約2週間と診断されていました。

ミニゲームでは無人のゴールへのシュートを外してしまったり、パス精度を欠いてしまう場面も見られるなど、まだ100%というわけにはいかなかったようですが、午前、午後ともに軽快な動きを見せて復調ぶりをアピール。「けがの状態はいい。違和感もない」と話していました。

(元記事: http://blogola.jp/p/23216 エル・ゴラッソ)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × one =