『Talk on Together2012』開催

23日、埼玉会館にて、676人のファン・サポーターの方々にお集まりいただき、『Talk on Together2012』が開催された。

冒頭、今シーズンこれまで行われた新加入選手会見やキャンプのダイジェスト映像などが流れた後、橋本光夫代表から開会の挨拶。「昨年の反省を生かし、クラブ一丸となって、新しいシーズンに向かっていく所存です。チームを再生、再建させ、これからの成長につなげる一つ一つのステップアップを、ペトロヴィッチ監督とともに歩んでゆく覚悟です」と抱負を述べた。また、組織改正など、クラブ内の改革についても説明した。

続いて、サッカージャーナリストの大住良之氏が司会となり、橋本代表、山道守彦強化本部長、ミシャ監督、杉浦コーチが登壇し、質疑応答へ。「最近のレッズについて」「監督にとってプロのサッカーとは」「選手たちの取り組み方に望んでいること」などについてミシャ監督が答えていった。さらにサポーターの方々に対しては「我々はサポーターの方々があって初めてサッカーができます。ですから何も隠す必要はありません。何かをここでいうのではなく、ぜひ練習場に足を運んでいただいて、我々が何を目指しているか、皆さんの目で見て、分かっていただきたいと思います」と語りかけた。

(元記事: http://bit.ly/wj8KfI 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です