天皇杯ラウンド16 vs川崎 死力を尽くして延長PKまで闘うも、天皇杯はラウンド16で敗退

12日、等々力陸上競技場で第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)、川崎フロンターレ戦が行なわれた。

日本代表活動中のGK西川とDF槙野を欠く浦和レッズの先発は、GK大谷、DFは右から森脇、遠藤、宇賀神、ダブルボランチに阿部と柏木、ウイングバックは右が駒井、左が関根。2シャドーに武藤と高木、1トップに興梠が入った。宇賀神は10月15日のYBCルヴァンカップ決勝以来、公式戦4試合ぶりの復帰となった。

(元記事: http://bit.ly/2fNxaPE 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =