ミシャ監督 川崎フロンターレ戦試合後会見

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦) vs川崎フロンターレ 試合後のコメント

「前半はミスが多く、ここ最近の試合では最も悪い前半だったと思います。あれだけミスをしたら、本来であれば2、3点取られてもおかしくないと思います。ただ、川崎もボールを奪ってからの質が良くなかったです。そこから得点されることもなく、0-0で終わった前半でした。

後半に入って、チームは比較的うまく立て直す中で、ゲームをコントロールしながら進めることができました。試合に関しては、我々が3度リードしながら際どいところで追いつかれ、最後はPKで敗戦となりました。PKは最後はどちらに勝敗が転んでもおかしくありません。3度リードしながら勝ちきれなかったことは残念です」

(元記事: http://bit.ly/2fNzOoD 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − two =