堀 孝史コーチ FC東京戦試合後会見

2016JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第1戦 vsFC東京 試合後のコメント

「試合が始まる前から、YBCルヴァンカップ準決勝を180分の戦いと考えて、今日は最初の90分だということでゲームを進めて行く、決して慌てず、しっかりやっていこうという話をしました。今日の90分の中でも、おそらく立ち上がり、FC東京さんのほうがアグレッシブにくるだろうから、最初は厳しい戦いになる、という話をしていた中で、相手にボールを持たれる時間が意外と長く、その中で選手もキツい場面はあったと思いますけど、しっかりそこを我慢してくれて、前半を終えた感じです。

ハーフタイムにいくつか修正点、改善するところを伝えた中で、後半は失点してしまいましたけど、90分の中で2点を取って、逆転できました。ホームにアドバンテージを持って帰れるようにがんばろうと話していた中で、それが選手のがんばりのおかげで成功したことを、嬉しく思っています。選手たちは、本当によくがんばってくれたと思いますし、感謝しています。

あと、ミシャ監督がいないということで、選手たちはミシャ監督に次はいい舞台を、という考えを持ってやってくれたのではないかと思います。その辺で、力を出すことができた試合だったのではないかと思います」

(元記事: http://bit.ly/2dtVMPF 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 4 =