ホームで4-0の完封勝利を飾る

4月6日、Jリーグ第6節のゲームで浦和レッズはベガルタ仙台をホーム・埼玉スタジアムに迎え撃った。

2日の大宮戦に続き永田が3バックの中央に入り、両サイドは右に平川、左に宇賀神。前線はレッズでリーグ戦初先発の李、原口、興梠の1トップ2シャドーでスタート。また、青木もレッズでのリーグ戦で初めてベンチに入った。冷たい北風が強く吹き抜けダウンコートを着る観客の姿も目立つ中、試合は19時4分に仙台ボールでキックオフされた。

(元記事: http://bit.ly/1kAiJuF 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です