ホームで勝利し、新たな一歩を

2014シーズンのJリーグが開幕して以来、浦和レッズは安定した戦いを見せてきた。昨年からの課題であった守備には改善が見られ、チーム全体の陣形をコンパクトに保つ攻守にバランスの良いチームへの進化を感じさせた。そんな中で迎えた29日のヴィッセル神戸戦、前半までは良い流れを継続した戦いを見せていた。狙い通りの形で先制点も奪った。だが後半は、自分たちのミスも絡んだ形で悪夢のような3失点。4月2日(水)の大宮アルディージャとの『さいたまダービー』は、チームとして立て直しを図るゲームとなる。

(元記事: http://bit.ly/1fikjkH 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です