アウェイで先制するも逆転負け

3月29日、浦和レッズはノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸とJリーグ第5節を戦った。レッズは前半に一進一退の中からパスワークで相手を崩す攻撃を見せて先制したが、後半は神戸の勢いを抑えられずに3失点。敵地で1-3の逆転負けとなった。

この試合は柏木がメンバーから外れ、阿部と啓太のダブルボランチ、原口と梅崎の2シャドーでスタート。山田が今シーズンのリーグ戦で初めてベンチ入りし、宇賀神がJ1通算100試合出場を達成した。

(元記事: http://bit.ly/1pD3jXO 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です