アウェイだがゲームを支配しチャンスを決めきる

29日(土)、浦和レッズはノエビアスタジアム神戸にて15時4分キックオフのJリーグ第5節ヴィッセル神戸戦を戦う。

前節の清水エスパルス戦は、無観客試合として行われ、世間からの注目を集める中で選手たちにも大きなプレッシャーが掛かる試合となったが、前半にセットプレーから失点を喫したが、後半の原口のゴールで同点として引き分けた。

今節の対戦相手である神戸は、第4節を終えて1勝2分1敗の成績を残している。J2からの昇格を決めると、マルキーニョス、ペドロ ジュニオール、シンプリシオといったすでにJリーグで実績を残している外国人選手たちを補強し、彼らはすでにチームの中心として存在感を発揮している。森岡亮太、松村 亮といった若手選手たちも台頭しており、勢いに乗らせると非常に怖いチームだと言えるだろう。

(元記事: http://bit.ly/1i0yGsB 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です