先制され追いつくもドローに終わる

3月23日、浦和レッズは埼玉スタジアムで無観客試合として行われた第4節清水エスパルス戦に臨んだ。レッズは前半に先制点を許したものの後半に同点ゴールを挙げ、1-1の引き分けとなった。

森脇を出場停止で欠いたレッズは、阿部が3バックの右に入り、ダブルボランチは柏木と啓太、2シャドーの一角に梅崎が入った。

(元記事: http://bit.ly/ONRFhi 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です