ミシャ監督 宮崎キャンプ総括

「最初に言えることは、この宮崎キャンプでは非常に天気に恵まれたということです。その中で選手たちは、非常に高い集中力と規律を持ってこのキャンプに取り組んでくれたと思います。

あまり選手を褒めるのはどうかと思いますが、このキャンプを通して選手たちは自分たちのやるべきことをやってくれたと思います。まだ開幕まで1ヶ月ちょっとあるわけですが、選手たちがこのキャンプのように高い集中力と規律を持って準備を続けてくれれば、必ず開幕から良い試合ができるのではないかと思います。

キャンプを通して青木選手がケガをしましたが、それ以外の選手はほぼケガをすることなく日程を消化できました。青木選手も軽症ということで、すでにランニングも始めています。さいたまに戻ってからはチームに合流できると思います。キャンプではケガをしないというのが重要ですが、その意味ではケガ人をほぼ出すことなくキャンプを終えたのは非常に重要なことです。

選手たちがこのキャンプに向けてオフの最後の期間をしっかりと過ごしてくれたのだと思います」

(元記事: http://bit.ly/1fgypCJ 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です