「残念な引き分けだが、残り3試合戦い続ける」ミシャ監督

Jリーグ第31節 vsベガルタ仙台 試合後のコメント

「引き分けで終わった結果に関しては残念です。ただ選手達は最後まで全力で戦ってくれました。2分に失点したあと、選手達は落ち着いて戦い、逆転して2-1で折り返すことができたんですが、後半の立ち上がり2分に追いつかれて、最後はアディショナルタイムに3失点目を喫してしまいました。ただ、全体を見れば、勝利に値するプレーをできたのは我々だと思っています。引き分けで終わりましたが、選手達は本当によくやってくれたと思っています。毎試合毎試合、浦和レッズと対戦するチームというのは、高いモチベーションと強い気持ちで戦ってきます。2週間前に戦った広島戦とは違うチームと感じるくらい、今日の仙台は強い気持ちで戦ってきました。そうした強い気持ちの相手と毎試合戦う我々の戦いというのは非常に難しいものです。引き分けという結果に終わりましたが、悲観することなく、残りの3試合を戦っていきたいです。」

(元記事: http://bit.ly/1azri1K 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です