リーグラスト4、ひとつになりアウェイで勝利を

浦和レッズは10日(日)19時4分キックオフで、J1第31節、アウェイ・宮城スタジアムにて行われるベガルタ仙台戦に臨む。

仙台との今季初戦は5月29日の第9節、ホーム・埼玉スタジアムにて行われた。仙台の攻勢に耐えながらチャンスを伺い、80分に原口元気のドリブル突破で得たPKを阿部が決めて先制。しかし、88分にゴール前でのこぼれ球を押し込まれて1-1の引き分けに終わった。

仙台は現在、11勝11分8敗で勝ち点44の8位につけている。開幕当初から中位での戦いを続けているが、30失点はリーグ4位と守備の堅さが目立つチームだ。クロスからのゴールが多く、梁 勇基や太田吉彰から中央でここまで11ゴールのウイルソンに合わせるのが得点パターンだ。レッズとしては、クロスの出所を抑えることはもちろん、中央でしっかりとマークに付いて抑え込みたい。また、梁はセットプレーのキッカーとしても警戒が必要な選手だ。

(元記事: http://bit.ly/1gworyZ 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です