一進一退の末、天皇杯3回戦で敗退

16日、浦和レッズは天皇杯3回戦のモンテディオ山形戦を浦和駒場スタジアムで戦った。レッズは常に先手を許す苦しいゲーム展開となり、2-3で敗れて3回戦で敗退となった。

レッズは先月の2回戦を戦ったメンバーを中心にスタート。GKに加藤、3バックは右から坪井、永田充、野田が入り山田暢と小島がダブルボランチを組んだ。左右のワイドが梅崎と関口、2シャドーに山田直とU-20日本代表から合流した矢島が入り、1トップを阪野が務めた。

(元記事: http://bit.ly/16fW67c 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です