「悔しい敗戦だが、これからも戦いは続いていく」ミシャ監督

天皇杯3回戦 vsモンテディオ山形 試合後のコメント

「悔しい敗戦でしたが、こういった結果が起こるのもサッカーです。相手はJ1でのプレー経験が豊富な選手が数多くいるチームですので、簡単なゲームになるとは思ってはいませんでした。我々は若い選手もいましたが、経験ある相手に対して5分に渡り合えていましたし、内容で劣っていたとは思っていません。選手たちは勝利を目指して懸命に戦ってくれました。ナビスコ、天皇杯、リーグ戦をいかによい状態で乗り切っていくかということを考慮した上でのゲームでしたが、今日の敗戦をもって、もしかしたらチームにネガティブな雰囲気が生まれるかもしれません。しかし、私は選手たちがそう捉えないと信じています。選手たちは、この敗戦を糧に奮起してくれると思います。敗戦は悔しいですが、負けた中にも学ぶべきことがあります。今日は残念ながら結果を出すことができませんでしたが、まだ我々のチームの戦いは続いていきます。これからもチーム一丸となって戦っていかなければいけません。」

(元記事: http://bit.ly/16fW1jP 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です