コラム「『ホーム』埼スタで凱歌を共に」

来たる10月12日(土)、浦和レッズはヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦・川崎フロンターレ戦を戦う。第1戦では敵地で2-3の敗戦を喫した。この試合は2-0から逆転された悔しい敗戦であり、痛い一敗ではあったが、ホームで勝利をすれば決勝進出できる可能性が大きい現在の状況は、レッズにとって決して難しいものではないだろう。なぜなら、この試合はホーム・埼玉スタジアムで行われるからだ。

かつてレッズは、ヤマザキナビスコカップの歴史においてホームでの大逆転劇を演じたことがある。2003年、今年と同じくホーム&アウェイ方式で行われた清水エスパルスとの準決勝だ。2年連続のヤマザキナビスコカップ決勝進出を賭けたこの対戦において、レッズは敵地での第1戦を0-1で落とした。……

(元記事: http://bit.ly/17gVYnX 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です