アウェイで痛いドロー

28日、浦和レッズはアウェイ・Shonan BMWスタジアム平塚でJリーグ第27節・湘南ベルマーレ戦を戦った。レッズは先制ゴールを挙げながら逆転を許す苦しいゲーム展開となったが、終了間際の柏木のゴールで追いつき2-2で引き分けた。

レッズは警告累積で出場停止の那須に代わり啓太がダブルボランチの一角で先発出場。他は前節のヴァンフォーレ甲府戦と同じメンバーでスタートした。秋の涼しい風が吹き抜ける中、ゲームは16時4分に湘南ボールでキックオフされた。

(元記事: http://bit.ly/15BlAeG 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です