一進一退の末、惜敗に終わる

14日、浦和レッズは国立競技場でJリーグ第25節・FC東京戦を戦い、前半に失った2点のビハインドを後半頭に追いつく意地を見せたが、終了間際に勝ち越し点を奪われ、悔しい敗戦を喫してしまった。

レッズはGKに加藤、3バックは右から森脇、山田暢、槙野が入り、阿部と那須がダブルボランチを組んだ。左右のワイドを宇賀神と平川が務め、2シャドーに原口と柏木、1トップに興梠が入った。

(元記事: http://bit.ly/14PZuKv 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です