「典型的なカップ戦の戦い」ミシャ監督

天皇杯2回戦 vs栃木ウーヴァFC 試合後のコメント

「今日の試合は、典型的なカップ戦の戦いだったと思います。前半はいい入りができました。後半もよかったのですが、リードしている中で、途中から運動量が落ちてしまい、フィジカル的な問題が見受けられました。攻撃と守備を何回往復できるかがサッカーですが、ノーマルなテンポを90分維持していくことが、 日本のサッカーの問題であるかもしれません。今日は若い選手や、普段出場機会の少ない選手を多く起用しましたが、練習試合と公式戦は違うものですから、緊張感のある試合の中で、何が足りないのかが見えたゲームだったと思います。そういったものを見つめた上で、今後もしっかりと練習を積んでいくしかないと思います。」

(元記事: http://bit.ly/15lqEaz 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です