天皇杯3回戦進出を決める

11日、浦和レッズは天皇杯2回戦の栃木ウーヴァFC戦を浦和駒場スタジアムで戦った。レッズは前半に小島とマルシオ リシャルデスのゴールで2点を先制。相手の反撃を後半の1点に抑え、2-1で勝利して3回戦進出を決めた。

レッズは「3-4-2-1」のシステムでスタート。GKに山岸、3バックは右から坪井、永田充、野田が入り、野崎と小島がダブルボランチを組んだ。左右のワイドを関口と永田拓が務め、2シャドーに梅崎とマルシオ、1トップに阪野が入った。野田、野崎、小島、永田拓、阪野は今季初スタメンとなり、野田、野崎、永田拓の3人は今季初出場、野崎はトップ昇格後の公式戦初出場となった。

(元記事: http://bit.ly/15lqKPj 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です