真夏の連戦最後のホームゲームで勝ち点3を

浦和レッズは、31日(土)にホーム・埼玉スタジアムで18時キックオフの第24節アルビレックス新潟戦を迎える。

前節の横浜F・マリノス戦は、アウェイ・日産スタジアムでの上位直接対決の一戦となった。大一番らしく両チームが慎重な試合運びを見せたが、レッズは前半27分と29分に立て続けに失点して2点のビハインドを背負う苦しいゲーム展開となった。後半開始直後にも追加点を奪われ、最後まで諦めずに攻撃を続けたものの得点を挙げることができずに0-3で悔しい敗戦を喫した。

新潟とは今季の初戦を3月30日の第4節にアウェイ・東北電力ビッグスワンスタジアムで戦い、2-0の勝利をおさめた。前半6分に柏木のコーナーキックから槙野が決めて先制点を奪うと、その後は新潟の守備に手を焼く苦しい試合となったが、試合終了間際にカウンターから関口のパスを受けたマルシオが、チームにとってJ1通算1000ゴールとなるメモリアルゴールを決め、勝ち点3を手にしている。

(元記事: http://bit.ly/158ciqb 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です