「非常に良い入りで、バランスよく攻撃できた」ミシャ監督

Jリーグ第22節 vs清水エスパルス 試合後のコメント

「非常に良い入りができた試合でした。前半は、サイドや真ん中のスペースを使ってバランスよく攻撃できたと思います。相手は、真ん中を使えばサイドがあく、サイドを使えば真ん中があくといった中で、かなり困ったんじゃないかと思います。非常に落ち着いた攻撃の組み立てから、相手が前につられたところでサイドや裏へのスペースなどを使えたので、前半は良い形でリードできたと思います。

ハーフタイムには、相手はリードされているのでより攻撃的に出てくるだろうということを話しました。しっかりと守備をして、相手が前掛かりになったところの裏のスペースをついていこうと選手たちに伝えました。

後半も良い守備からカウンターにつなげるシーンがありましたが、最後のパスやタイミングのところは改善していかなければいけません。
また、日本ではリードを守って勝利しようする傾向がありますが、可能性があるのならば、積極的にゴールを狙うということも今後は改善していかなければいけないと思います」

(元記事: http://bit.ly/1f9IFcO 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です