勝ち点3を積み重ねたいホームでの一戦

首位のサンフレッチェ広島から勝ち点差5の3位につける浦和レッズは、17日(土)にホーム・埼玉スタジアムで18時キックオフの第21節・大分トリニータ戦を迎える。

前節の名古屋グランパス戦は、アウェイ・豊田スタジアムの厳しい蒸し暑さの中、両チームの我慢比べの様相を呈した。レッズは前半、後方から丁寧にボールをつなぎながらチャンスをうかがい、前半終了間際に決定機を生み出したが、興梠と柏木のシュートを得点に結びつけることができなかった。すると後半、60分と64分に立て続けに失点してビハインドを背負う苦しいゲームとなり、最後まで得点を挙げることができずに0-2で悔しい敗戦を喫した。一方で、67分に山田直輝が途中出場して508日ぶりに公式戦のピッチに立つ明るい話題もあった。

(元記事: http://bit.ly/13oLRRD 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です