決定機を決めきれず、アウェイで敗戦

10日、Jリーグ第20節の名古屋グランパス戦が豊田スタジアムで行われた。浦和レッズはアウェイの地で0-2の敗戦を喫した。

レッズは、サンフレッチェ広島に快勝した勢いそのままに、前節と同じスターティングメンバーでこの一戦に臨んだ。ゲームは19時4分にレッズボールでキックオフされた。

試合の立ち上がりからレッズは後方から丁寧にボールをつなぎながら、ピッチを幅広く使った攻撃を仕掛けた。スタジアム全体がかなりの蒸し暑さに包まれたこともあり、互いに前線からのプレスを控え、ゆったりとしたペースでゲームが進んでいった。

(元記事: http://bit.ly/11W4j1k 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です