「強い気持ちをもって戦った選手を讃えたい」ミシャ監督

Jリーグ第15節 vsFC東京 試合後のコメント

「今日どのように試合に入ろうか、どのような試合をしようか、長く考えていました。やはり広島と東京の試合を見た上で、東京は広島との試合でも同じような試合をしていました。我々は東京のように、あるいは広島のようにしっかりと自陣に引いて奪ってからカウンター、守備的な戦いをするのか、今までと同じような戦いをするのか、というところでした。私自身は、やはり自ら仕掛けていくということを選択しました。相手は、こちらのミスを誘ってカウンターということを選択し、相手はその形で我々から得点を奪いました。

(元記事: http://bit.ly/1apE6hl 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です