ホームで意地のドロー

10日、Jリーグ第15節のFC東京戦が埼玉スタジアムで行われた。5月29日の第9節ベガルタ仙台戦以来となるホーム・埼玉スタジアムでのリーグ戦は、2万5,638人の観衆が見守る中、レッズは2点を先制される苦しいゲーム展開となったが、興梠と原口のゴールで引き分けに持ち込んだ。

(元記事: http://bit.ly/1apECf8 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です