リーグ再開初戦、勝ち点3を奪い次戦のホームへ

J1リーグの中断明け初戦となるヴァンフォーレ甲府戦が7月6日(土)、国立競技場にて行われた。2万8,906人の観衆の中で約1ヵ月ぶりのリーグ再開となったこのゲームは、83分に梅崎のクロスに頭で合わせた那須の決勝ゴールで、レッズが勝ち点3を手に入れた。

関東地方の梅雨明けが発表されたこの日、昼間の暑さの名残が残る中で18時5分に甲府ボールでキックオフされた。レッズは先週のゲームを欠場した興梠が1トップの先発に復帰。2シャドーには原口と柏木が並んだ。

(元記事: http://bit.ly/11q0WRW 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です