リーグ戦再開、過密日程の初戦はアウェイ国立

Jリーグの中断期間が終わり、浦和レッズは6日(土)にリーグ戦の再開初戦となるヴァンフォーレ甲府との一戦を18時から国立競技場で戦う。

レッズはACLと並行して戦ったリーグ前半戦で2位につけて中断期間に入ると、約1ヵ月間のオフを利用して北海道トレーニングキャンプや大原サッカー場で、攻守ともに順調なトレーニングを重ねてきた。久しぶりの公式戦となった23日と30日のヤマザキナビスコカップ準々決勝・セレッソ大阪戦では、2戦トータル1勝1分で準決勝進出を決めた。

ほぼ完ぺきなゲームを展開して勝利した第1戦の翌週に迎えた第2戦では、セレッソのレッズ対策に苦しんだものの、1点ビハインドで迎えた前半34分に梅崎の鋭いドリブルからの同点弾で引き分けに持ち込んだ。

(元記事: http://bit.ly/19V3fgh 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です