「試合の内容を見れば、勝ち上がるに値する結果だった」ミシャ監督

ヤマザキナビスコカップ 準々決勝第2戦 vsセレッソ大阪 試合後のコメント

「ホーム&アウェイという戦いの中で、アウェイで2-0で勝ったわけですが、そういったあとのゲームは非常に難しい、そうしたゲームをどう戦わなければ行けないか、それを理解した上で今日の試合は戦わなければなりませんでした。

試合の入りは非常に怖がりながら入ってしまったと思います。2-0で勝利した結果を意識せず入ろうとしましたが、それとは違った形で入ってしまったと思いますし、1失点してしまったことが我々をナーバスにさせてしまったと思います。セレッソは主導権を握りながらゲームを進め、我々はボールを前に運ぼうとして失うシーンが目につきました。

梅崎選手のすばらしいゴールで同点に追いついて、そこからは落ち着きを取り戻し、いつものサッカーが比較的できたと思います。2戦の結果を持って、セミファイナルに進めました。2試合の内容を見れば、勝ち上がるに値する結果だったとは考えています」

(元記事: http://bit.ly/1cFaZT8 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です