ホームでドロー、2位に浮上し中断へ

ACLによる未消化分のJリーグ第9節ベガルタ仙台戦は29日19時34分よりホーム埼玉スタジアムで行なわれた。リーグ中断前最後の一戦は今シーズン初の4連勝を目指しての戦い。浦和レッズは右ウイングバックに今シーズンリーグ戦初先発の関口が入り、それ以外のポジションではいずれも6-2と大勝したサガン鳥栖戦、柏レイソル戦と同じメンバーが先発した。

試合はレッズボールでキックオフ。堅牢な守備ブロックを敷き、前線の出足も鋭い仙台を相手に、最初にチャンスを作ったのはレッズだった。

(元記事: http://bit.ly/16qujpq 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です