「連戦だが、中断前最後の試合を勝利で終える」ミシャ監督

Jリーグ第9節 ベガルタ仙台戦、前日のコメント

「いつも目新しいことを言おうと思いますが、なかなかこれといって言えるわけではないんですが(苦笑)。毎試合が厳しいゲームです。ベガルタ仙台は昨年2位で実力があり、コンパクトで激しいゲームを行ってくるチームです。相手は前の試合で敗れていますし、中断前の最後のゲームということでどうしても勝ちたいという強い気持ちで来るでしょう。もちろん我々も中断前の最後の試合ですから勝利して終えたいという強い気持ちがあるのは同じです。連戦ということですが、1日仙台よりもタイトな日程ということで、1日多いか少ないかというのはサッカーでは大きな違いですし、我々としては運動量の部分で、しっかり負けないようにしていきたいと考えています。それができれば我々のやりたいことというのはピッチで表せると考えています。今日の選手たちの表情を見る限り、明日も非常に強い気持ちを持って臨んでくれると思います。最後まで勝利をあきらめず、戦ってくれると思います」

(元記事: http://bit.ly/ZcSuSQ 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です