中断前最後の試合、ホームで勝ち点3を

5月26日の第13節柏レイソル戦を、第12節サガン鳥栖戦とまったく同じ6-2というハイスコアで制し、今シーズン2度目の3連勝を飾った浦和レッズ。次の戦いは5月29日(水)19時30分よりホーム埼玉スタジアムで行なわれる第9節ベガルタ仙台戦だ。

これはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ出場による未消化分の試合。リーグ中断前の最後に組まれたこの一戦を終えると全18クラブの試合数が横並びになる。現在3位につけているレッズは仙台戦に引き分け以上で2位に浮上するが、勝って勢いを継続したまま中断期間を迎えたいという思いは誰もが一緒。非常に重要な一戦だ。

仙台は2002、2003年に続き、7年ぶりのJ1参戦となった10年こそ14位と苦しんだが、11年には4位と躍進し、昨シーズンは年間を通じて上位をキープ。サンフレッチェ広島と終盤まで優勝争いをしながら最終順位2位と、素晴らしい結果を残した。

指揮を執るのは6年目を迎えた手倉森誠監督。堅牢かつ出足の鋭い守備をベースとし、カウンター攻撃で点を奪うというスタイルがベース。ゲームメーカーの梁勇基が蹴る精度の高いキックも重要な生命線だ。

(元記事: http://bit.ly/ZcSp1w 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です