「記念試合でしっかり3ポイントを取る」ミシャ監督

Jリーグ第11節 鹿島アントラーズ戦、前日のコメント

「明日のゲームはみなさんもご存じの通り、Jリーグ20周年記念試合ということで注目が集まっています。明日の浦和vs鹿島が記念試合として組まれているのは、決して偶然ではない、と思っています。

両クラブにとって、記念試合として指定された形でリーグを戦えるのは栄誉なことです。鹿島はこの20年で最も多くのタイトルを取っているチームで、レッズはこの20年で最も多くの観客動員をしているチーム、そうしたリーグを代表するクラブがこうした記念試合を戦える、それはクラブにとっても非常に栄誉なことです。

明日のゲームを戦うにあたり、我々もそして鹿島も、観に来るサポーターもやサッカー関係者によいゲームを見せられる準備はできていると考えています。

鹿島というチームは、非常に強いチームです。個々の能力が高く、チームとしてもまとまりのあるチームだと考えています。ここ最近、我々はリーグ3試合で1ポイントしか取れていません。明日はどうしても3ポイントがほしいゲームで、明日、勝利を得るために自分たちのベストを尽くして戦いたいと思います。

ここまでリーグ、ACLと両大会で5連戦を戦うなかで、なかなかじっくりと練習をする時間がとれなかったわけですが、その中でも明日しっかり3ポイントを取りたいと強く思っています。そのあとからは1週間あいて、しっかりとした練習時間が取れるようになってくるので、その前の連戦の最後の試合を勝利で飾ってその後のリーグ戦につなげていきたいと考えています」

(元記事: http://bit.ly/13JaWU0 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です