アウェイ勝利も、ACLラウンド16進出ならず

浦和レッズが意地の無失点勝利で2013ACLアウェイ初白星。5年ぶりに参戦したアジアの舞台はグループステージ3勝1分2敗、勝ち点10、F組3位で幕を閉じた。

ACLグループステージ最終第6戦、ムアントン・ユナイテッド戦は1日19時(日本時間21時)、タイ・バンコクの隣県ノンタブリー県ムアントンタニのサンダードーム・スタジアムで行なわれた。

レッズは、清水エスパルス戦で左ひざを痛めた槙野が大事を取ってサブメンバーに回り、右のストッパーに坪井、左のストッパーに森脇という布陣を敷いた。また、警告累積で出場停止の啓太のポジションに柏木が入ったことで、2シャドーの一角には今シーズン公式戦初先発の矢島が入った。

(元記事: http://bit.ly/Zoay9E 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です