「ここから立て直していく」ミシャ監督

Jリーグ第8節 vs清水エスパルス 試合後のコメント

「浦和レッズとしては今日のようなゲームは負けてはいけないものでしたが、残念ながら落としてしまいました。

2日前に非常にハードな試合があったわけですが、選手たちは非常に強い気持ちを持って闘ってくれました。その姿勢を批判はできません。立ち上がりから主導権を握ってゲームを進めましたが、なかなかサイドから崩せない状態が続き、あるいは相手がプレッシャーをかけてきたところでのサイドチェンジが遅かったと思います。

相手が9人下がって1人残してカウンターというのを狙っていたのは分かっていて、十分に警戒をしていました。失点したシーンも我々の選手は2人いましたが、そこを突破されて失点となりました。1人少なくなった後も選手たちは全力を尽くして戦っていましたが、結果は出ませんでした。長いリーグを戦っていく中ではこうした試合もあると思います。これでリーグは連敗になりました。ですが我々はここから十分に立て直せるだけの力はあります。明日からACLに向けての戦いに向かいますが、厳しい日程でも我々はしっかりと戦っていけると考えています」

(元記事: http://bit.ly/14YYIdL 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です