ホームで逆転勝利、グループリーグ突破へ望みをつなぐ

雨のレッズワンダーランドが興奮に包まれた。中国最強軍団に後半の3得点で3-2の逆転勝利。決勝トーナメント進出へ望みをつないだ。
ACLグループステージのホーム最終戦、広州恒大との試合は24日、雨の埼玉スタジアムで行なわれた。

浦和レッズの先発は警告累積で出場停止の梅崎に代わり、右ウイングバックに平川。大宮アルディージャ戦で負傷退場した原口の位置にはマルシオが入った。対する広州は2月26日の第1戦から守備陣に一部変更があったが、バリオス、ムリキ、コンカの外国籍3人は前回同様スターティングメンバーに名を連ねた。

(元記事: http://bit.ly/11PWNRg 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です