上位対決のダービー、アウェイで堅守崩せず

2年連続、NACK5スタジアム大宮での敗戦。2位・3位の上位対決となった一戦を0-1で落としたレッズは、今シーズンリーグ戦初黒星を喫し、大宮のリーグ無敗記録を止めることはできなかった。

レッズは前節の湘南をはじめこれまでと同じようにベストメンバーで試合に臨んだが、序盤からラインを高くしてハイプレッシャーを掛け、手数少なく素早く攻撃を仕掛けてくる大宮に押し込まれる展開になってしまう。すると3分、FKから加藤と槙野が交錯してこぼれたところを片岡にシュートされるが、クロスバーに救われた。何とか自分たちのリズムにしたいレッズはディフェンスラインでボールをゆっくり回しながら興梠が高い相手ディフェンスラインの裏を狙う動きを繰り返していたが、ゴール前に良い形でボールが入らない。

(元記事: http://bit.ly/13nzscx 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です