「何度も崩した形の決定的なシーンを作ることができた」ミシャ監督

ACLグループリーグ第4戦 vs全北現代 試合後のコメント

「もちろん、90分を過ぎてアディショナルタイムで同点にすることを許した、そのことに関しては非常に残念です。非常にそのことについては残念ですが、90分を通じて、チームが今日のような戦い方ができたということに関して、私は非常に良かったと考えています。

全北現代は、崩した形ではない得点を前回の試合でも、今日の試合でもしましたけれど、我々は得点以外にも何度も崩した形の決定的なシーンを作ることができていました。ただ、我々は2試合で3得点しかできませんでした。それもサッカーだと思います。

私は、今日の1ポイントでグループリーグを突破することができると考えています」

(元記事: http://bit.ly/10PZjcv 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です