「勝利に値する試合ができた」ミシャ監督

Jリーグ第5節 vsジュビロ磐田 試合後のコメント

「内容の良いゲームができているわけですが、我々が今日のゲームで勝利できなければ努力、注いできたものを台無しにするところでした。磐田との対戦というのは非常に難しいです。守備のところが特別に良いチームです。そういう相手に対して、仕掛けて崩すのは難しいところがあります。さらに難しいのは、組織だった守備から、前にいる攻撃的な選手である前田、山田、駒野、松浦の良い守備をしたところからのカウンターというのは我々にとって非常に脅威でした。

我々は勇気を持って攻撃を仕掛け、守備でも人数を余らせることなく、守備をして、相手にチャンスらしいチャンスを与えなかったと考えています。

ただ、チャンスを決めきれないところもありましたし、PKも外しました。そしてビハインドで前半を終え、その中で後半非常にカウンターが危険でしたが、リスクを負って攻めることができました。90分過ぎて逆転ゴールを決められて、見ていた人の中にはラッキーだと言う方もいるかもしれませんが、勝利に値する試合ができたと思います。

特にゴールのところに関しては、慎三自身がこれまでゴールを決めていないということで、プレッシャーを感じているのではないかと思いますが、メディアにもそういうことが出ていますが、チームとしては13ポイントを取っていて、彼はチームの勝利に貢献している。それなら別に彼がゴールを決めなくてもかまいません。

また次の5試合で私は13ポイントを取れるなら、それでいいと思います。なぜなら彼がゲームの中で役割をこなしているからです。だから彼に言いたいのは、自分自身を責めず、プレッシャーを感じないでほしいということです。

その反対に、森脇は、誕生日でしたが、非常にリラックスしたプレーを見せていたと思います。2点のゴールをプレゼントしたわけですから。自分たちへのゴールと、相手へのゴールと(笑)。

あとは前田選手のゴールのことが話題に上がっていましたが、私は前日に、彼がゴールをしても3-1で勝てればいいと言っていましたが、1点足りませんでしたが勝利できましたし、前田選手の最初のゴールにジンクスがあるということは気にしていません。もしかしたら、シーズンの終わりに我々は非常に危険な位置にいるかもしれませんが(笑)。我々は必ずリーグに残ります」

(元記事: http://bit.ly/Y2gSaB 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です